女性

絶対に医学部に合格するには様々なサービスを利用しよう

大学を目指すには

ドクター

医学部を受験するときには、国公立と私立によってスケジュールや受験科目の違いがあるというのを忘れないようにします。その中で国公立は受験科目が多く高い学力が求められています。私立は科目が少ないですが、倍率が高い傾向があります。

詳細を確認する

マイペースで学べる高校

女性

スポーツや芸能活動、仕事などと無理なく両立できる通信制高校が、多くの若者たちからの注目を集めています。自宅での学習を中心に、様々な年齢や職業の生徒が集まるスクーリングに参加することで、高等学校の卒業資格を得ることができます。

詳細を確認する

小学校高学年の勉強法

レディと女子学生

小学校高学年の保護者が伊丹市内で塾を探すときには、補習や中学受験などの目的別に、地域の個別指導教室を活用するのがポイントです。中学校で学ぶ内容を先取り学習したり、力を付けたい領域を重点的に学ぶなど、目的意識を持って勉強することが重要です。

詳細を確認する

基礎固めをする

医者

医学部に合格するには、いくつかの方法があります。まず最も確実かつ安全な方法が、高校に推薦してもらうことです。国公立私立ともに、ほとんどの大学が、医学部受験に推薦形式を設けています。狭き門であることは間違いありませんが、これが医学部に合格するには一番確実な方法です。ただし、学内推薦を受けて、推薦入試で医学部受験を突破するような生徒であれば、一般受験でも十分に合格可能性があると言えるでしょう。次にAO入試を受験する方法があります。AOとは、アドミッションズ・オフィスの略称で、一般受験で問われるような限られた範囲の学力にとらわれず、幅広い学力と学習意欲を持つ人材の発掘のために設けられていると考えられており、試験も小論文や面接がメインとなります。AO入試に合格するには、何か人とは違う経験や思想があり、それを育ててきたというような自負が必要かもしれません。

医学部に確実かつ安全に合格するには、推薦入試やAO入試という方法があると書きました。もちろん医学部は一般入試で突破するのが一般的です。多くの人が難しい試験を突破して医学部の門を叩くのです。一般受験はトップ校でなくとも難関で、例えば国立医学部などは、基本的に70%以上の高い得点率が求められます。他の学部であれば55〜60%程度の得点率が合格者平均ということを考慮すると、かなり高い数値であることがわかります。このような難関を突破するためには、基礎力養成が欠かせません。いまは予備校も多数あるので、そこでしっかりと勉強するようにしましょう。寮を設けている予備校もあるので、自宅近くに予備校がない生徒でも安心です。